2017年度(開催時期2018年3月および2月下旬)JSiSE学生研究発表会

四国

日時
2018年3月2日(金)13:30~17:40

場所
香川大学幸町キャンパス南1号棟E12講義室 [https://www.kagawa-u.ac.jp/access/saiwai/]

概要
12:30- 受付開始
13:00-13:05 開会式、諸連絡(A会場 1405教室)
13:05-15:05 口頭発表(1~6)
15:05-15:15 休憩
15:15-16:55 口頭発表(7~11)
17:20-17:30 表彰および閉会挨拶

発表時間は研究発表1件につき20分(発表15分、質疑応答5分)

発表形式 順序 発表タイトル
著者(○は発表者)
口頭 A01 学習習慣化支援のための机上ノイズ音から筆記状況を判定する手法の開発
○溝口啓太・三好康夫(高知大)
口頭 A02 タイピング学習支援のためのキー打鍵指判定手法の開発
○柴崎智哉・三好康夫(高知大)
口頭 A03 プレゼンテーション・リハーサルを対象としたレビュー結果の整理過程と改訂状況の検証に着目した議論支援システム
○山田晏司・岡本竜(高知大)
口頭 A04 Facilitating Studies Using Neural Network on e-Learning System
○サイ カリファー ・後藤田中・林敏浩(香川大)
口頭 A05 ARを用いた自転車交通安全教育のための仮想道路環境の構築 -安定した仮想道路の重畳表示-
○奥田浩斗・後藤田中・藤本憲市・八重樫理人(香川大)・村井礼(山口大)・林敏浩(香川大)
口頭 A06 VR技術を用いた災害時心理バイアス疑似体験システムの開発
○中大貴・光原弘幸・獅々堀正幹(徳島大大学院)
口頭 A07 多人数参加を考慮したデジタル版逃げ地図
○藤本篤・光原弘幸・獅々堀正幹(徳島大大学院)
口頭 A08 多様な状況下における災害対応力を育成する防災カードゲームの開発
○元田遥・光原弘幸・獅々堀正幹(徳島大大学院)
口頭 A09 ICTを活用した津波避難訓練システムにおける津波シミュレーションの自動作成
○室川優希・光原弘幸・獅々堀正幹(徳島大大学院)
口頭 A10 学習到達度測定法の講義コンテンツ視聴に与える影響に関する研究―実証実験の概要と結果―
○矢部智暉(香川大)・國枝孝之(香川大大学院)・後藤田中・裏和宏・藤本憲市・林敏浩・八重樫理人(香川大)
口頭 A11 動画コンテンツの視聴情報に基づく学習者の獲得知識の推定
○千葉直杜・後藤田中・林敏浩(香川大)