2017年度(開催時期2018年3月および2月下旬)JSiSE学生研究発表会

北信越

日時
2018年3月5日(月)

場所
長岡技術科学大学 E講義室

後援
長岡技術科学大学

概要
09:30- 受付開始
10:00-10:10 開会式
10:10-11:40 口頭発表(A01-A04)
13:00-14:20 口頭発表(A05-A08)
15:00-15:20 表彰および閉会挨拶

口頭発表は,交代も含めて20分(発表15分+質疑4分+交代1分)

発表形式 順序 発表タイトル
著者(○は発表者)
口頭 A01 ピアノ演奏練習前後における視行動変化と演奏技能の関係
〇長井貴也・中平勝子・北島宗雄
口頭 A02 英単語認知時の脳活動の予備的検討
〇佐々木辰彌・秋元頼孝・中平勝子(長岡技術科学大学)
口頭 A03 画像・文字複雑度比と視行動を用いた展示パネルの選好分類
○矢野竜徳・山田航平・中平勝子・北島宗雄
口頭 A04 就職活動支援システムにおける会社情報検索機能の開発
○何陽(北陸先端大)・長谷川忍(北陸先端大)
口頭 A05 データフレームを対象としたブロックプログラミングに基づく簡易な可視化環境の設計
〇三宅礼華・小島匡顕・香山瑞恵・永井孝(信州大学)
口頭 A06 情報通信ネットワークにおけるプロトコルの基本原理の理解のための教材に対する教材運用者の利便性を意識した改良
○原舜弥・香山瑞恵(信州大学工学部)・不破泰(信州大学総合情報センター)
口頭 A07 音読のポーズ特徴量に基づく音読流暢性アセスメントツールの設計
◯丸山裕也・香山瑞恵(信州大学)
口頭 A08 中学校理科「状態変化」単元を対象としたIoT教材の開発
〇等々力崇史・永井孝(信州大学大学院)・香山瑞恵(信州大学)・舘伸幸(名古屋大学)・二上貴夫(東陽テクニカ)