1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. 新技術と教育情報を活用した教育学習環境の設計/一般

新技術と教育情報を活用した教育学習環境の設計/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2017年度第5回研究会 講演募集

教育システム情報学会
担当:鷹野孝典(神奈川工科大学)、三石 大(東北大学)、
佐々木整(拓殖大学)、光原弘幸(徳島大学)、高木正則(岩手県立大学)

■テーマ:
新技術と教育情報を活用した教育学習環境の設計/一般
■開催日時:
2018年1月6日(土)
3連休の初日にあたりますので、お早めに宿泊先を確保されることをお勧めします。
会場周辺は横浜中心エリア&観光スポットも多い(みなとみらい、中華街、山下公園)ため、宿泊先の混雑が予想されます。
■会場:
神奈川工科大学 アクティブラーニング横浜
(〒220-0011 横浜市西区高島2-6-32 横浜東ロウィスポートビル(旧日産横浜ビル)10F)
会場へのアクセス:
JR・京浜急行「横浜」、市営地下鉄「高島町」駅徒歩5分、
またはみなとみらい線「新高島」駅徒歩4分
https://goo.gl/maps/5BuTDLBoEZQ2
■発表申込み締切:
2017年11月7日(火)
■発表原稿提出締切:
2017年11月30日(火)
■主旨:

新しい技術の登場は、次世代教育・学習環境の設計・開発・実践について新しい発想を与えてくれるとともに、その実現に欠かせないものとなっています。スマートフォンやタブレット端末、クラウドコンピューティングやIoT、ディープラーニング、ロボット、VR・AR技術など、多様な新技術の利用に基づく教育・学習環境の構築や授業設計がますます重要になります。
2017年度第5回研究会では、このような新しい技術と教育情報を活用した次世代教育・学習環境について、そのための教授設計も含め、システム・基礎技術の開発、実践、ならびに、新しい教育・学習手法に関する幅広い研究発表を募集し、共に考える議論の場としたいと思います。
2017年度本会全国大会における企画セッション「新技術に基づくメディア/デバイスを活用した学習支援環境」では、数多くの発表がありました。これらの発表を発展させた内容や議論の成果はもちろんのこと、この分野に興味を持たれている多くの方からのご投稿・ご参加を心よりお待ちしております。

■主な対象:
スマートデバイスとWeb環境の連携等の新しい学習形態と手法に関する設計・研究・開発
VR・AR技術やセンサー装置を活用した体験・参加型の学習支援システムの設計・研究・開発
IoTやクラウドコンピューティングによる新しい教育・学習環境のデザイン、活用に関する研究
Webや携帯ネットワーク、センサーネットワーク、アドホックネットワーク等を活用した新しいネットワーク活用・教育手法に関する設計・研究・開発
ネットワークコンピューティングを活用した新しいデバイス技術に関する設計・研究・開発
新しい教育・学習環境と学習効果・教育効果に関する研究
スマートデバイスを活用した協調学習、アクティブラーニングに関する研究
その他教育システム/eラーニング一般
■発表申込および原稿提出は、下記よりお願いします。
申込者情報登録
申込者ログイン
注)
研究会予稿集電子化に伴い、「執筆要項」や「講演申込・原稿の投稿方法」を変更致しました。以下のページをご確認ください。
研究会執筆要領:http://www.jsise.org/society/pdf/format.pdf
研究会報告見本:http://www.jsise.org/society/pdf/sample.pdf
研究会報告ひな形:http://www.jsise.org/society/doc/sample.docx
■オンライン講演申込・原稿投稿方法:
http://www.jsise.org/society/committee/pdf/manual.pdf
■発表時間:
発表時間は25分(発表18分、質疑7分)を予定しております。発表件数によって発表時間が変更されることがあります。
■懇親会:
研究会終了後、異国情緒溢れる横浜中華街での懇親会を開催する予定です。
■お問い合わせ先:
第5回研究会担当委員(代表:神奈川工科大学 鷹野 孝典)
E-mail : jsise-sig-5th@googlegroups.com (@の部分は、半角の@に変えて下さい)