1. ホーム
  2. 全国大会・研究会等
  3. 研究会
  4. 新しい教育を切り開くICTの利用実践・開発研究/一般

新しい教育を切り開くICTの利用実践・開発研究/一般

教育システム情報学会(JSiSE)2013年度第6回研究会
発表募集

担当:松永公廣,西野和典,西端律子,鷹岡亮(研究会委員会)

■テーマ:新しい教育を切り開くICTの利用実践・開発研究/一般
■開催日:2014年3月15日(土)
■会 場:名古屋学院大学 名古屋キャンパス白鳥学舎
     (〒456-8612 名古屋市熱田区熱田西町1番25号)
     http://www.ngu.jp/outline/access.html
■発表申込締切:2014年1月14日(火)
■原稿提出締切:2014年2月7日(金)

【趣旨】
 電子黒板,書画カメラ、タブレット端末などデジタル化された教育環境が教育現場に導入されはじめ,今後のICTの進歩や,e-learning・デジタル教科書などの学習コンテンツの開発によって,初等・中等・高等教育へのさらなる普及が見込まれます.このような状況において,新しい教育環境の開発研究やICT利用の教育実践研究が求められています.そこで,第6回研究会では,新しい教育(学習)を切り開くためのICTを活用した教育(学習)方法の開発,教育環境・学習支援ツールの開発,e-learningやデジタル教科書等の学習コンテンツの開発や,これら活用した教育実践など広く教育の情報化に関連した研究発表,及び一般研究発表を募集します.

■発表申込方法:
発表申込先に電子メールで下記の項目をお送りください.
(注)メールの題名に「2013年度JSiSE第6回研究会申込 回研究会申込 回研究会申込 」と必ずお書きください.
※発表申込締切:2014年1月14日(火)
(1)発表タイトル
(2)発表者(登壇者に○)
(3)所属
(4)概要(200字程度)
(5)連絡先住所,氏名,電話番号,電子メールアドレス
(6)懇親会参加希望の有無(懇親会の情報は本募集の末尾に記載しています)
(7)その他,発表に関する要望

■ 発表原稿提出方法:
原稿提出先に,フォント埋め込みされたPDF形式で,電子メールにて原稿を送信下さい.なお,原稿をPDFに変換する際に,図の解像度を明示的に指定し(300dpi以上),鮮明に印刷可能であることを確認してください.
※原稿提出締切:2014年2月7日(金)
1.原稿サイズと枚数
原稿は,A4判で,2枚以上8枚以下の偶数枚でお願いします.
2.原稿の様式
学会Webサイトの研究会報告執筆要領ページに掲載しております「研究会報告執筆要領・見本」をご確認ください.
その際,「英文アブストラクト」にかえて「和文アブストラクト」を記載してください.
3.原稿送付方法と送付先
以下のあて先に,フォント埋め込みされたPDF形式で,電子メールにて原稿を送信下さい.なお,原稿をPDFに変換する際に,図の解像度を明示的に指定し(300dpi以上),鮮明に印刷可能であることを確認してください.また,学会Webサイトの研究会報告執筆要領ページに掲載しております「著作物利用許諾書」をダウンロードし,必要事項をご記入の上,発表原稿と併せて電子メールにて送信下さい.

■ 懇親会:
 研究会終了後,特集論文研究会と合同で懇親会を予定しています(会費は4,000円を予定).発表申し込みをされる方で参加希望の方は,申込時にその旨をご連絡ください.また,聴講希望の方で参加希望の方は下記連絡先までご連絡ください.参加人数を把握するために,事前のお申し込みをよろしくお願いいたします.

■お問い合わせ,発表申込,原稿提出先(懇親会事前申込含む):
名古屋学院大学商学部 松永公廣
k-matuna@ngu.ac.jp

プログラム・参加者募集はこちら