1. ホーム
  2. 学会誌
  3. 学会誌(和文誌)
  4. 2017年論文特集
  5. 論文募集

特集号論文募集
―安心・安全な社会に貢献する教育システム―
―プログラミング・情報技術教育に関する実践・支援システム―

 本特集号では,近年社会における需要が急速に高まっている2つのテーマ,「安心・安全な社会に貢献する教育システム」と,「プログラミング・情報技術教育に関する実践・支援システム」に関する論文を募集いたします.当該分野における新たな教育支援技術,ならびに当該分野の技術を応用した教育実践に関する研究開発の論文を幅広く募ります.一般論文・実践論文のみならず,ショートノート・実践速報としてのご投稿も歓迎いたしますので,奮ってご投稿ください.

1.対象分野

A) 安心・安全な社会に貢献する教育システム

 教育・学習は,安心・安全な社会を基盤としてより良く発展していきます.しかし,安心・安全な社会を維持するために我々が取り組むべき課題は多様かつ複雑化しています.このような状況において,大規模自然災害やテロリズムのみならず,事故や感染症など日常生活に潜むさまざまなリスクについて教育・学習することは重要であり,安心・安全な教育・学習環境を構築することも急務です.これらのことにICTが大きな役割を果たすことは言うまでもなく,安心・安全な社会に貢献する教育システムの充実が期待されています.そこで本特集号では,防災・減災,医療・看護・福祉,セキュリティ,情報モラル,情報リテラシ,情報・教育インフラなどの幅広いトピックを対象に,安心・安全な社会に貢献する教育システムに関する論文を広く募集いたします.

防災・減災,医療・看護・福祉,セキュリティ,情報モラル,情報リテラシ,情報・教育インフラ,安全教育,ビッグデータ,ゲーミング・シミュレーション,可視化,GIS(地理情報システム),IoT,SNS,VR/AR,モバイル/ユビキタスシステム,センシングシステム,クラウドコンピューティング,携帯情報端末,マルチメディア,リスクマネジメント,認知・心理,教師教育,安心・安全の評価 など(これらに限定されるわけではありません)

B) プログラミング・情報技術教育に関する実践・支援システム

 従前よりICT技術者を目指す学生や,関連業種に就いた際の研修などにおいて,プログラミングおよび情報技術(ネットワーク,データベースなど)の教育が重視されてきました.一方,ICT技術は社会において遍在的な存在となっており専門的な技術者育成の場以外においても,これらの教育が広く実施されつつあります.特に近年においては,情報教育の一環として小・中学生,高校生に対してプログラミング教育の導入が順次進められているとともに,私塾においてプログラミング学習の場が設けられるようになっています.また,中等教育においては,プログラミングのみならず,情報科学・技術の基礎について学習することも求められています.以上の背景をふまえて,本特集号ではこのような状況の中,様々な学習者に対して必要とされるプログラミング・情報技術教育に関する実践や支援システムについての論文を広く募集いたします.

情報通信技術,情報科学,初学者向け教育,技術者育成,初等教育,中等教育,高等教育,プログラミング言語,ビジュアルプログラミング環境,アルゴリズム,モデリング,アンプラグド・コンピュータサイエンス,論理的・創造的思考,プログラミング的思考,computational thinking,ネットワーク,データベース,ハードウェア連携,計測・制御,IoT,ICT環境整備,教員研修 など(これらに限定されるわけではありません)

2.論文種別

 通常と同様,すべての種別(一般論文,実践論文,ショートノート,実践速報)の論文を募集します.なお,査読結果により,異なる種別での採録となる場合もあります.また,編集委員会の判断で,一般投稿論文として扱うことになる場合もあります.あらかじめご了承ください.

3.投稿要領

 教育システム情報学会学会誌原稿執筆要領に準じます.詳細は教育システム情報学会のWebページで確認してください. Web投稿の際には以下の点にご注意ください.

  • 「投稿種別」で「特集号」を必ず選択してください.
  • A),B)のうちどちらのテーマに関する論文であるかを,投稿情報入力の際に「事務局への連絡事項」の欄に明記してください.
  • 特集論文研究会(2017年3月18日(土)開催予定)で発表を行った方は,投稿情報入力の際に 「事務局への連絡事項」の欄に,特集論文研究会での発表題目と発表番号を記載してください.
  • 英文で投稿される場合は,本会英文誌へ投稿してください.英文誌においても同一特集名の特集号論文として取り扱い,和文誌と同様のスケジュールで査読を行います.
    英文誌ホームページ:http://www.jsise.org/journal/journal_en.html

4.スケジュール

特集論文研究会:
2017年3月18日(土)
会場:
北九州市立大学 北方キャンパス(北九州市小倉南区北方4丁目2番1号)
発表申込締切:
2017年1月17日(火)
原稿提出締切:
2017年2月7日(火)
論文投稿締切:
2017年6月5日(月)
掲載予定巻号:
2018年4月1日発行予定の学会誌(Vol.35,No.2)
(採録通知送付予定:2017年11月初旬頃)

5.特集号編集委員会

委員長:
小西達裕(静岡大学)
副委員長:
瀬田和久(大阪府立大学),西野和典(九州工業大学)
幹事:
田中孝治(北陸先端科学技術大学院大学),布施泉(北海道大学),笠井俊信(岡山大学),光原弘幸(徳島大学),國宗永佳(信州大学)
委員:
学会誌編集委員,特集号編集委員

6.問い合わせ

  • 特集号全般に関する問い合わせ:
    特集号編集委員会副委員長 瀬田和久(大阪府立大学)
    E-mail: seta@mi.s.osakafu-u.ac.jp
  • Web投稿に関する問い合わせ:
    教育システム情報学会編集事務局(電話:03-5389-6492 E-mail: jsise-edit@bunken.co.jp
    〒169-0075 東京都新宿区高田馬場4-4-19 株式会社国際文献社 長澤

2016/12/09 更新